WOMB Tokio

Opened in the centre of Shibuya in 2000, Womb is a 1000 capacity club that spreads across four floors. The main floor is equipped with a full digital soundsystem, high-quality strobe lighting and lasers. Weekend nights often host guest artists from overseas, usually centered on techno, drum & bass and electro. Sven Vath and Richie Hawtin have played at the club in the past, though Womb also has a focus on supporting new artists from Japan as well. Since 2008, the club has hosted an annual indoor festival WOMB ADVENTURE, which attracts nearly 10,000 people for each edition.

音楽やファッションをはじめ、日本の様々なユース・カルチャーの発信地として世界が注目する東京/渋谷に2000年にオープンして以来、常に世界最先端のエレクトロニック・ミュージック・カルチャーをリアルタイムで東京の音楽ファンたちに紹介しながら、レジデント・アーティストの海外進出や、世界最高峰のクラブと名高い、スペイン/イビザ島の “Space Ibiza” や、ロンドンの “fabric” での WOMB TOKYO NIGHT の開催など、東京独自のシーンを世界に発信し続けている。

アジア最大級のミラーボールを擁し、世界トップクラスのサウンドシステムを主軸に、ライティングやレーザー等でのハイクオリティーな演出が定評のあるメインフロアでは、ワールドワイドで活躍するトップアーティスト達のパフォーマンスが繰り広げられる傍ら、バラエティーに富んだ3つのサブフロアでは、東京ローカルシーンで活躍する旬なアーティスト達のサウンドも楽しむ事ができる。

イギリスのダンスミュージック系著名誌「Mixmag」が毎年おこなう世界のクラブランキングにおいて、2005年には世界第2位に輝き、2008年には5位、2009年には4位にランクされた経歴を持ち、世界中のトップアーティストや音楽ファン達が注目をする、東京を代表するクラブと評されている。

Leave a Reply

Discoticket è una creazione MPS - Marketing & Promotion Service P.I. 02393631201 © 2018 All Rights Reserved - Designed by Kaiti expansion